ゆるい副業生活

株主優待、FXのキャンペーン、ふるさと納税で節約生活 株、FXの利益、ウーバーイーツなどで生計が成り立つか挑戦中

ウーバーイーツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員をやってみた いろいろわかったこと

投稿日:6月 11, 2020 更新日:

Uber Eatsとは

 

最近、コロナウイルスの影響により、店舗での飲食による感染懸念があり、テイクアウト、出前の需要が高まっています。

そこで、新しいスタイルの料理配送サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が、注目されるようになってきました。

スマホのアプリで注文するだけで、配達員が自宅まで好きな料理を届けてくれます。

しかも、最近では、対面での受け取りをせずとも届けてくれるサービスもしています。

店側も新しくデリバリーのシステムや配達員を雇わなくてもデリバリーサービスを始めることができます。

また、注文だけでなく、気軽に、そして隙間時間に配達員として働くことができます。

まさに、Win-Win-Winって感じです。

Uber Eatsで働くことのメリット・デメリット

Uber Eatsには、下記のようなメリット、デメリットがあります。

●メリット

・自転車とスマホがあれば始められる(自転車はレンタルも可)
・隙間時間に働くことができる
・完全歩合制なので、ノルマがない
・人間関係などの職場のストレスから解放される
・翌週に代金が振り込まれる
・ダイエットや運動不足の解消
・会社にばれないで副業が可能
・飲食店に詳しくなる
・配達中は無心になれる

●デメリット

・時給は天候や注文数、配達員数に左右される(ただし、雨の日はインセンティブがつくため、単価が高くなる傾向がある)
→というか、雨の日や猛暑はやりたくない
・隙間時間にできるが、稼げる時間帯は大体決まっている
・体力に自信がないとつらい
・ケガや事故は自己責任
・確定申告が必要

Uber Eatsは稼げるのか 実際にやってみた

5月初めから、週に3~5回程度、ランチタイムの11時~15時くらいの間、自宅の周辺でやってみました。

現在のところ、250回くらい配達しました。

詳細については、後日まとめようと思います。

5月は、約83時間働いて106,000円の稼ぎでした。

毎日の時給としては、 1,100円~1,500円 くらいです。

時給は、場所、時間帯、天候、熟練度などによって左右されるようなので、今後も試行錯誤しながら続けていきたいと思います。

一般的なアルバイトと同程度の時給で、時間を選ばない、シフトなども気にせず自由にできるという点では、かなりメリットが大きいのではないかと思います。

体力勝負な部分もありますが、筆者は自転車で走るのも好きなので、そこまで苦ではないです。

ただ、坂道と猛暑日、雨の日は結構つらいので一長一短ですが。

今なら注文したことない方限定でお得なクーポンをゲット

チェーン店だけでなく、Uber Eatsの加盟店もどんどん増えています。

今なら、Uber Eatsで注文したことない方は、代金が1500円以上の場合に、1300円割引になるお得なクーポンがもらえるキャンペーンを行っています。

下記プロモーションコードを是非この機会に利用してみてください。

初回限定1300円割引のプロモーションコード
 eats-0p76ut 

・利用条件:Uber Eatsで注文したことない場合に限り有効

********************

この記事が「役に立ったよ」という人は応援クリックをお願いします。

▼ ▼ ▼ ▼


人気ブログランキング

********************

-ウーバーイーツ

執筆者:

はじめまして、xenoです。

30代、1児の父、元化学メーカー研究員。

会社員としてのしがらみがストレスになり、2020年、唐突に会社を辞め、それまで副業として行っていた株、FX、その他で生活していけるか挑戦中。

2009年から株を始めて今年で11年目、2017年からFXを始めて今年で3年目に突入。

株、株主優待、FXの記録や、その他お小遣い稼ぎについてのゆるーく発信していきたいと思います。
宜しくお願いします。